産後の貧血が抜け毛を悪化させてしまっているのかも

妊娠後期になると貧血になってしまう女性は多いですよね。
そして、出産時に出血が多くなってしまった場合には、産後にも貧血の状態は続きます。
また、産後はママの体の中で母乳が作られますが、母乳の元となるのは血液。
そのため、産後は通常よりも血液が多く必要となります。

このような理由から、産後はママ自身の体に使われる血が少なくなってしまう時期。
そのため、貧血状態になってしまう人もたくさんいます。
貧血になると、体に対して様々な悪影響がありますが、実は産後の抜け毛を悪化させる原因にもなっているのです。

貧血による産後抜け毛の悪化

産後の貧血は、主に鉄分が不足する「鉄欠乏性貧血」であることがほとんど。
この鉄欠乏性貧血では、血液中の赤血球が不足してしまいます。
赤血球は、血液中を流れることで、体内に酸素を運ぶという役割がありますが、貧血になり赤血球が不足すると、当然体の様々な器官に運ばれる酸素の量も少なくなります。

貧血の人が階段などですぐ息切れしてしまうのも、この酸素不足が原因です。

このように体内に酸素が行きわたらないと、毛根などの末端には酸素がなかなか運ばれなくなります。
そのため、髪の栄養が不足し、抜け毛をさらに悪化させる原因となってしまうのです。

産後抜け毛を解消するための貧血改善方法

産後の抜け毛の原因は貧血だけではありません。
しかし、疲れやすかったり、動悸がするなどの場合には、貧血によって抜け毛が悪化している可能性もあります。
また、他にも悪影響が出てくる可能性があるため、何らかの対策をとる必要があります。

まず、産後、医師によって貧血がひどいと診断された場合には、鉄剤が処方されるため、、医師の指示に従ってしっかり飲むようにしましょう。

医師の診断は出ていなくても、貧血症状の自覚がある場合には、サプリメントなどで鉄分を補給するのがおすすめ。
産後は、葉酸も必要なため、鉄と葉酸を合わせて取れるサプリメントなどを継続的に摂取するとよいでしょう。